イノシシ等目撃情報

こんな生活のどこがいいねなんだ

センチメンタル・ジャーニー 20

なぜか目覚ましが鳴るよりも先に目が覚めたので、いつもよりちょっとだけ早く活動をはじめた。カフェで朝ごはんにピザトーストを食べた。あんなに手の込んだピザトーストははじめて食べた。厚切りベーコンのかけらがのっていた。おいしかった。

そのあとは洗濯物がたまっていたので最後のお洗濯。

午後からはお土産を買いに京都駅に行った。

それからイオンの大垣書店を経由して本店へ(2回目)。本をまとめて宅急便で送ることにしたら段ボールに少しだけ空きがあったのでそこを埋めるために文庫本を買いたかった。デイヴィッド・アーモンドの『肩甲骨は翼のなごり』とグレッグ・イーガンの『ディアスポラ』にした。ディアスポラってタイトルを見つけてグラブルじゃん!と思って手に取ったらグラブルでした。組織イベのシナリオまわりはここから来てたんだなあと思って読むしかなくなっちゃった。本屋さんに行くたびにハヤカワの棚を舐めるように物色しているのでイーガンの名前は知っているんだけどいかにもハードなSFという感じで今まで手に取れなかったのだった。あらすじ読んだりしてやっぱ難しそ〜と思いつつ最終的には大森望氏の解説に背中を押されて挑戦してみる気になった。近いうちに読みたい。数日前にも同じ棚を見てたはずなのに全然気づいてなくて、本屋さんでのそういう偶然の出会いが好きみたいなところある。

大垣書店からちょっと歩いたところにかわいい飴のお店があるっぽいので行ってみた。人にあげるお土産に飴って微妙かな…と思いつつ店に入ったらめちゃ芸術的で、足を伸ばしてよかったなと思った。自分の分も買っちゃった。

近くに行きたいごはん屋さんがあったのだけどのぞいてみたら予約ですでに満席だったので涙を飲んで京都駅に戻ってラーメンを食べた。

ここまで細かいところは省いたけど京都駅のところはだいたい迷子になっています。一度通った場所に二度と戻れない…。足を痛めてるのに無駄な移動が多かった。